くらし

【switch】ジョイコンのLボタンが反応しない!原因と修理方法まとめ

スイッチのジョイコン、ほんと不具合多いですね!

うちはJoy-ConのLボタンが全くきかないようになったので、結局家で分解し部品の交換をして直しました。

Lボタンは左手で持つジョイコンの側面にあるボタンですね。

今回はそんなJoy-ConのLボタンの不具合についてまとめています。

この記事で分かる事
  • Lボタンの不具合の原因
  • 修理にかかる費用
  • 自分での修理の仕方

ジョイコンのL ボタンが反応しない原因は?

まずは本当にLボタンが正常に動かないかどうか、確認するために動作チェックをしてみましょう。

動作チェックのやり方

スイッチのホーム画面を開きます。

  • スイッチのホームから『設定』を選択
  • コントローラーとセンサーの『入力デバイスの動作チェック』を選択
  • ボタンの動作チェックを選択してLボタンを押す

これでLボタンが表示されない場合は故障している可能性があります。

Lボタンが正常に動かない原因は?

Lボタンが使えたり使えなかったり不安定な場合は、ジョイコン内部の清掃をすることで正常に戻る場合があります。

うちのように全く動かない場合、中のケーブルに不具合がある可能性があります。

この場合は修理しなければなりません。

任天堂にLボタンの修理に出す方法

任天堂に修理を出す場合は、オンライン受付から申し込めます。

オンラインで修理受付をすることで、次のような特典が受けれますよ。

  • 修理代金が5%割引
  • メールで修理状況を知らせてくれる
  • 事前に必要な情報が登録されるので、修理品到着後の受付対応が早い

任天堂の修理でかかる料金

Lボタン(Joy-Con1本)でかかる修理代金はだいたい2,200円ほどです。

(不具合の状況によります。)

また保証期間内であれば、無償で修理してくれる場合もあるので、保証書の確認をしてみてくださいね。

(ジョイコンの保証期間は1年間です。)

保証期間なら無償で修理できるかどうかについてですが、任天堂サポートでこのように書いてありました。

正常な使用方法(※)のもとで万一発生した故障については、保証期間内であれば、無償で修理いたします。

※取扱説明書やNintendo Switchサポートサイト、ソフトウェアのヘルプに記載されている使用方法など。

ただし、保証書のご提示がない場合や、お預かりした製品の状態を保証規程に基づいて確認した結果、保証期間内でも有償修理となる場合があります。

任天堂サポートQ&Aより

とあるので、保証期間ならば必ず無償で修理してもらえるとは限らないので注意してくださいね。

送料について

保証期間内であれば任天堂指定の宅配便で着払いを使えるようです!

それ以外は発送にかかる送料は自己負担になります。

できるだけ小さい箱に入れることで送料を安く済ますことができますよ。

また、修理後返送されるときは、任天堂が送料を負担してくれます。

⇒修理品の送料を知りたい(任天堂サイト)

Joy-ConのLボタンを自分で修理する方法

自分で修理する場合は自己責任でお願いします。

ジョイコンを修理する場合は小さいネジ回しなどが必要になります。

専用の修理キッドがあると便利ですよ。

ジョイコンのネジを外してゆっくり蓋を開ける

ネジやネジの周りについている汚れは綺麗に拭き取りましょう!

こどもがSwitchを使っている場合は特にですが、ジョイコンのネジやネジ周りに汚れやホコリが溜まっている場合があります。

そのまま汚れた状態でネジを回してしまうと、上手く回せずにネジ頭だけが潰れてしまいます。

そうなるとジョイコンの修理は難航するので、まずは爪楊枝やハケで綺麗に掃除からはじめて、その後ネジを丁寧に外してください。

蓋についているネジはYのネジです。

ネジが潰れてしまった時用にあらかじめ新しいネジを準備しておくと安心です。

ジョイコンの蓋はケーブルで繋がっているので、開ける時は優しくあけてくださいね。

ジョイコン内部を確認していく

ジョイコンの蓋を開けたら、バッテリーを外します。

バッテリーは粘着テープで貼られているので、ゆっくりと取って横に置いておきましょう。

バッテリーを外すとバッテリーのケースになっている部分に十字のネジが3本あるので、そこも外していきます。

バッテリーのケースを外すと、Lボタンと繋がっているケーブルも見えます。

ジョイコン内部やLボタンに、ホコリなど入っている場合は一度ハケを使って掃除しましょう。

Lボタンはケーブルの先についてあるポチっとしたボタンが押されること動くので、ここが接触不良をおこしていただけの場合は、これでLボタンが動くようになります。

途中まで組立て直しをしてLボタンが使えるようになったか確認してみてください。

それでもLボタンが操作できない場合はケーブルの交換を行います。

ケーブルの交換をする

ケーブルはネットで購入できますよ。

ジョイコンのケーブルは他にもいろいろ出ているので、お間違いなくっ!

必ず『Lボタン』のケーブルを購入してくださいね。

うちは前に修理不可能なまでに壊れてしまったジョイコンからケーブルだけ拝借してきました。

こういうこともあるので、壊れたジョイコンも置いておくと部品だけでも使えますよ!

ケーブルをはずす前にグレーのラッチを傷つけないように、爪楊枝やピンセットを使って優しく上にあげます。

ラッチが上がったらケーブルをこれまた優しくそっと外します。

ケーブルの上のほうは十字のネジが三本ついているので、これも外すと、ケーブルがジョイコンから外せます。

無事外せたら先ほどの工程と逆バージョンで新しいケーブルに付け替えてください。

Lボタンを付け直す時は、小さなバネのつけ忘れに注意してくださいね。

【switch】ジョイコンのLボタンが反応しない!原因と修理方法まとめ

ジョイコンを分解して修理する方法はYouTubeでも色々動画が出ています。

写真で分かりずらい!と思われた方は、YouTubeで見てみると分かりやすいと思います。

⇒YouTube Lボタン修理動画へ

この他にも、ジョイコンの修理の記事を投稿しているので、よろしければぜひ参考にしてみてください!

ジョイコンが壊れすぎて困ってる!という方はこちらの非純正プロコンもおすすめですよ~♪